現在AGA治療は保険の対象外

2018年3月15日 / 未分類

先日たまたま見ていたテレビ番組で、まだ中年にも差し掛かっていないのに男性型脱毛症の症状に悩まされている男性の植毛レポートを見ていました。番組を見ていて、途中までは高いお金を払ってまで毛を増やしたいものなんだろうか?なんて、少し否定的に感じてましたが、ご本人の嬉しそうな顔を見ていると、髪の毛があるということは大切なことなんだな、と思い直して見識を改めたのでした。髪に元気がないことを悩んでいる人たちの傾向としてよくあるのが、食べるものが偏っていたり、不規則な食習慣が固定してしまっていたりするパターンが少なくありません。毎日の心がけとして栄養豊富な魚を食べて頭髪の活性化に利用しましょう。中でも青魚の成分であるDHAとかEPAというのは、血液の循環を良くし、サラサラにしてくれる効果があります。体全体の血行が活性化され、頭皮にも栄養がまんべんなく届けられるようになるため、育毛が可能になるという理論です。日常の食事で魚を食べる割合を徐々に多くしていくことで、体も頭皮も健康状態が改善されていきますので、肉メインの食生活を魚メインにシフトするように意識してください。滋養強壮や精力剤の成分であるものの一つにマカがありますが育毛効果も期待できるというのはご存知でしょうか。どうして薄毛になるのかという要因の一つに全身の血行の不良が原因で、毛乳頭に髪の毛を育むのに必要な栄養素がうまく行き渡らずにいるということが挙げられます。マカに含まれる成分として、アルカロイドやデキストリン、ビタミンEなどがありますが、血管を拡張する効果や血流改善効果が挙げられるでしょう。

AGA治療

血の巡りが良くなることで育毛にもつながります。本人にすれば深刻なことですが、現在の制度ではAGA治療にいたっては保険の対象外です。頭が禿げであっても実際、命や健康に関わるものではありませんが、精神的にずいぶん大きなストレスを感じるものです。できることなら、精神的ダメージも考慮して男性型脱毛症を保険適用してもらえるなら嬉しいと思う人もたくさんいるはずです。育毛剤は数百円から数万円と値段に幅があり、育毛に実効性があるとされる配合成分もそれぞれです。口コミで良く売れている商品や売り上げがトップクラスの商品を確認すると、育毛剤の料金の平均は千円台から八千円台ほどの幅のようです。世間では、1万円で手に入るくらいの値段の育毛剤を買い求めている人が多いということですね。食用として有名なオリーブオイルですが、それで頭皮をマッサージすることで、元気な髪の育成に繋がるそうです。毛穴の汚れを綺麗にして、頭皮の血行に作用し、さらには保湿の効果まで見込まれています。しかし中には、シャンプーをしたとしてもオリーブオイルがあまり快いものではないと感じる人もいて、好みは分かれるところです。その日の頭皮の状態によっても、感じ方はそれぞれです。本当は抜け毛が増える季節というものがあります。犬や猫はまた違ったりしますが、人間だったら、秋の初めでしょう。なぜなら、季節の切り替わり時期であることも理由の一つになりますが、夏の紫外線による影響を頭皮が受けたからです。ですから、夏の間は帽子を被るといった対策をした方がよさそうです。お米は日本人にとっては、一番親しみのある食材と言ってもいいかもしれません。そんなお米には、お米だけに含まれているらしいγ(ガンマ)オリザノールという特有成分があることが知られており、これが、健康のためになる、数々の効能を発揮するようです。血行促進、更年期障害の緩和、善玉コレステロールを増やし、抗ストレス作用もあるとされ、また、強い男性ホルモンDHTができるのを防いでくれる効果もあるらしいと期待されています。そういう訳で、男性型脱毛症にも大きな効果がありそうなのです。DHTこそ男性型脱毛症の主な原因であり、このホルモンが分泌することにより症状が出て、進行していくからです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る