「2016年12月」の記事

インプラント治療は保険適用外

2016年12月12日 / 未分類

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお勧めします。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。インプラントは入れ歯にくらべ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着い立ところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひうけましょう。

インプラント治療

確定申告することで初めて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるためなくしたらお終いのものとして暦年で申告することになるため、保管しておいてちょーだい。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスをおこなえるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、沿うするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことだと思います。おおむね保険適用外で、当然のようにすべて自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

TOPへ戻る